受診時のご質問

1.クリニックを受診するのに予約は必要ですか?

当院では患者様の待ち時間を最小限にするために、事前にご予約頂いた方を優先的に診療しております。しかしお電話でのご予約が難しい方などのことも考え、予約無しでご来院頂いた方にもできる限り対応させて頂いております。

2.健康保険証は使えますか?

当院での静脈瘤治療では全て健康保険証をお使い頂けます。特別な場合を除いては自由診療は行なっておりませんので、安心してご来院下さい。

3.自分が静脈瘤かどうかわからないのですが、受診しても良いですか?

静脈瘤にはさまざまな種類があることに加えて、あきらかな血管のコブがなくても静脈弁の機能不全がある方もいらっしゃいます。症状のページをご覧頂き、一つでも当てはまる症状がございましたらご来院下さい。

4.高齢なのですが手術を受けることはできますか?

ご自分で歩くことができれば手術に年齢制限はございません。ただし健康状態や内服されているお薬などによってはお体への負担が少ない硬化療法をお勧めする場合もございます。ご来院頂ければ最も適切な治療法をご提案させて頂きます。

5、初診の際に紹介状は必要ですか?

当院では初診でも紹介状は必要ありません。また、治療にかかる費用も紹介状をお持ちの方と同じです。

6、初診でかかる費用を教えて下さい。

初診料は健康保険で1割負担の方が800円、3割負担の方が2500円です。なお、診療報酬は全国統一ですので、保険診療のクリニックであればこの費用はほぼ同じです。

7、車で受診できますか?

当院専用の駐車場はございませんが、近隣にコインパーキングが多数ございます。ただし満車の場合などもございますので、当院ではご案内を行なっておりません。また、当院は赤羽駅から徒歩3分ですので、なるべく電車やバスなどの公共交通機関でお越し頂くことをお勧めします。

静脈瘤と治療に関するご質問

1.静脈瘤の原因を教えて下さい。

以下のような方に多い傾向がありますが、あてはまらなくても発症する方もいらっしゃいます。

  • 長時間立ち仕事をされている人(美容師、警備員、教師、販売員の方など)
  • 女性
  • 両親が静脈瘤の方
  • 50代以降の方
  • 妊娠・出産を経験された方
  • 肥満気味の方

2、静脈瘤は自然に治りますか?

残念ながら下肢静脈瘤は自然に治りません。症状が強くないからといって放置すると、時間とともにゆっくりと進行し、血栓(血のかたまり)によって炎症を起こしたり、皮ふの色が黒ずんだり、潰瘍になって皮膚に穴があくこともあります。
下肢静脈瘤に限らず、病気は早期発見・早期治療が最も大切です。少しでも気になる症状があったら、ためらわずに受診をお勧めします。

3、なるべく受診回数を減らしたいのですが、初診日に治療はできますか?

初診当日には硬化療法と弾性ストッキングに指導が可能です。しかし、レーザー治療では術前検査(心電図や血液検査等)が必要となり、検査結果がでるのが3日目以降になりますので、治療をお受け頂けるのも3日目以降となります。できる限り安全な治療を心がけておりますので、ご不便をおかけしますがご了承下さい。

4、手術時間はどれくらいですか?

硬化療法は約10分程度、レーザー治療は約30分程度です。なお、レーザー治療当日の院内滞在時間は、手術の準備やご説明などを含めますと、約3時間となります。

5、手術翌日から仕事に行けますか?

レーザー治療の翌日には足の包帯をはずして弾性ストキングをはいて頂きます。歩行や座ることは問題ありませんので事務仕事であれば可能です。しかし筋肉痛くらいのお痛みや、内出血が起ることがありますので、力仕事や長時間立ちっぱなしのお仕事の方は、翌日はお休みになったほうが安心です。

6、どのような麻酔になりますか?

当院でのレーザー治療は基本的には静脈麻酔と局所麻酔を併用して行ないます。静脈麻酔により手術中は寝て頂きますので、手術されているという感覚は無く、あっという間に終わります。さらに局所麻酔を追加することにより、手術中に痛みを感じることは全くありません。なお、静脈麻酔に抵抗がある方には局所麻酔のみでの治療も行なっておりますので、遠慮なくご相談下さい。

7、治療費用はどれくらいかかりますか?

当院での静脈瘤治療はすべて保険診療になりますので、健康保険の負担割合に応じて、治療費用はほぼ全国同じです。費用の詳細についてはこちらの『費用について』をご覧下さい。

8.民間の医療保険に入っているのですが、治療費は支払われますか?

近年、民間の保険会社でも、静脈瘤のレーザー治療を「手術給付金」の支払い対象とするケースが増えています。 民間の医療保険・生命保険などに加入されている方は、手術を受けた際に手術給付金が支給される可能性があります。ただし、保険内容は患者様がご加入の保険によってそれぞれ異なりますので、各保険会社にお問い合わせください。

9、以前に手術を受けて再発してきたのですが、治療できますか?

昔手術を受けたのに、あまりよくならなかった、数年したら再発してきたという方が少なからずいらっしゃいます。そういった方でももちろん治療が可能です。再発の場合、大きな静脈は既に無いことが多いので、基本的には硬化療法で治療します。しかし、初回の手術が不完全な場合や逆流している静脈が非常に大きい場合はレーザー治療の適応になることがあります。ご来院頂いた際に、エコーで血管の状態を診断し、適切な治療を選択致します。

10、治療はどれくらいの期間で終わりますか?

レーザー治療では、初診、初診から3日目以降の手術、術後3日目までの経過観察、さらに1ヶ月後、3ヶ月後の時点でエコー検査が必要になります。ただし、再診の日程は厳密に決まっているわけではありませんので、ご都合に合わせてお越し頂ければ結構です。なお、硬化療法は初診当日に治療が可能ですので、1日で治療を終えることができます。

11、一度レーザー治療を受けたら完治しますか?

欧米での最新の論文によれば当院で用いている機器で治療を受けられた方の再発率は約4%と報告されています。つまり100人中96人が一度の治療で完治するということになります。もちろん万が一再発した場合でも、追加治療を行えば完治しますので、静脈瘤でお悩みの方は勇気をだしてご相談頂ければと思います。

12、遠方からの受診なのですが、手術の後一人で帰れますか?

手術後には足を圧迫する包帯を巻かせて頂きますので、多少窮屈さをお感じになるかと思います。しかし、歩いたり座席に座ったりすることは可能ですので、電車やバスなどの公共交通機関を利用してお帰り頂けます。ただし、手術当日のお車の運転は控えて頂いていますので、お車でしかお越しになれない方は運転して下さる方をご一緒にご来院下さい。

クリニック概要

赤羽静脈瘤クリニック

電話番号:03-3902-1111(受付時間10:00~19:00)

メール予約フォーム

LINE 予約フォーム

診療時間:
月・火・木・金 10:00~18:00  土 10:00~17:00 休診日:水、日、祝日

予約優先 保険診療

診療時間
10:00~18:00

ご予約頂くと待ち時間無くご案内できます。
学会参加等で診療日が変更になることがあります。
 HPの「当院からのお知らせ」をご覧頂くか、お電話でお尋ねください。

〒115-0045
東京都北区赤羽2丁目15-10 山田ビル3階

読み込み中…

ごあいさつ

院長 岡本慎一(医学博士)

下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

患者さまへのご負担を最小限に考えた、安心・安全な日帰り治療を専門に行っております。足の血管でお悩みの方はぜひお気軽にご相談下さい。


「名医のいる病院」に
当院が紹介されました。


岡本院長がミス・ワールドの
公式ドクターに選ばれました。
詳細はこちら


赤羽静脈瘤クリニック 岡本慎一のQualitas[クオリタス]

岡本院長が『Qualitas』で
特集されました。

『覚悟の瞬間』

岡本院長がスカパー放送
『覚悟の瞬間』で特集されました。


ドクターズ・ファイル

北区ドクターズ interview

当院が『病院の実力』に
掲載されました。


医師募集

他の医療機関の皆さまへ

メディア関係者の皆様へ