PRP関節注射 PRP関節注射

ひざの痛みで、
こんなお悩みはありませんか?

ひざの痛みで、こんなお悩みはありませんか? ひざの痛みで、こんなお悩みはありませんか?
そのひざの痛みの原因は
ほとんどの方が
変形性ひざ関節症です!

変形性ひざ関節症とは?

変形性ひざ関節症とは、ひざ関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減って、ひざに痛みが生じる病気です。
現在、ひざの痛みを抱えている人は、日本全国に40歳以上で800万人いると考えられていますが、その大部分は変形性ひざ関節症です。

  • 正常なひざ関節

    正常なひざ関節 正常なひざ関節
    軟骨が十分にある状態です。
  • 初期のひざ関節

    初期のひざ関節 初期のひざ関節
    軟骨がすり減り、軽度の痛みを感じ始めます。平らなところを歩いているときは大丈夫でも、階段の上り下りがつらかったり、正座から立ち上がるときに痛みを感じたりします。
  • 中期のひざ関節

    中期のひざ関節 中期のひざ関節
    軟骨のすり減りが進行して、半月板が変形します。さらに、骨膜に炎症を起こし、水がたまるので、強い痛みを感じるようになります。
  • 末期のひざ関節

    末期のひざ関節 末期のひざ関節
    軟骨だけでなく、内側の骨自体も損傷するため、ひざが変形します。ひざを完全に伸ばすことが難しくなり、O脚になっていきます。
ヒアルロン酸注射では効果が不十分な
変形性ひざ関節症の治療には、
ご自分の血液を利用した再生医療
「PRP関節注射」
がおすすめです。
arrow arrow

PRP関節注射とは?

PRPとは、多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)の略語で、血小板を多く含んだ血液を意味します。ケガをしたときに血が止まり、自然と傷がふさがって治るのは、実は血小板の働き。血小板には、傷んだ組織を修復する「成長因子」が多く含まれているのです。

PRP関節注射は、そんな血小板の働きを利用して、体が本来持つ修復力をサポートする治療です。患者様ご自身の血液から多血小板血漿だけを取り出し、ひざに注射するだけという手軽さなのに、痛みを抑えるだけでなく、変形性ひざ関節症の進行を遅らせることができます。また、ご自身の血液を使うため、拒絶反応やアレルギー反応などのリスクが少ないことも安心です。

  • 従来の治療

    従来の治療 従来の治療
  • 当院の治療

    当院の治療 当院の治療

PRP関節注射はこんな方におすすめ

PRP関節注射はこんな方におすすめ

  • 現在の治療法で痛みが改善しない方
  • 手術を避けたい方
  • 安全性を重要視される方
  • 慢性化した痛みにお悩みの方
  • 長期間の効果を希望される方

PRP関節注射が痛みや
病状の進行を遅らせる理由

PRP関節注射で投与する血小板には、さまざまな成長因子が含まれています。この成長因子が関節内や周辺の組織、関節液に働きかけることで、損傷した組織の修復が促され、「痛みの軽減」「進行の予防」が期待できます。

PRPの働き

  • 1 抗炎症作用 血小板には、炎症を抑える働きなどを持つ成長因子が含まれています。
  • 2 修復促進 血小板に含まれる成長因子は、自己修復に必要な細胞増殖を促進します。
  • 3 変形の進行予防 血小板に含まれる成長因子には、関節軟骨破壊を誘発する「サイトカイン」を軽減させる作用があります。

PRPに含まれる成長因子

PRPに含まれる成長因子 PRPに含まれる成長因子

世界で効果が証明されている
膝のPRP再生医療

米国スポーツ外科学会の研究においてヒアルロン酸関節注入療法よりPRP治療が有用とされています。 米国スポーツ外科学会の研究においてヒアルロン酸関節注入療法よりPRP治療が有用とされています。
PRP注射後 軟骨の再生を確認 American Journal of Sports Medicine
February ;2017
MRI Changes After Platelet Rich Plasma Injection in Knee Osteoarthritis The American Journal of Sports Medicine

当院のPRP注射の濃縮技術は世界に認められています

医療先進国アメリカで特許取得

当院の岡本慎一理事長は2010年より、PRPの研究を重ねてきました。その研究において、通常は血液の2〜3倍程度の濃縮が限界と言われているPRPを最大10倍まで濃縮することに成功。

その研究結果を発表した2011年、整形外科基礎学会『Orthopaedic Research Society』(アメリカ、ニューオリンズで開催)では、ニューインベスティゲーターアワードのファイナリストに選出された他、2012年には組織再生工学の国際的ジャーナル「Tissue Engineering」でPRP治療に関する論文が紹介されました。さらに2012年にはアメリカにおいて、PRP治療の特許を取得しました。

  • PRPに含まれる成長因子
    Tissue Engineering Part A Part A.
    2012 Jan;18(1-2):157-66.
  • PRPに含まれる成長因子
    米国特許(US9040070B2)

その膝の痛み…
下肢静脈瘤が関係している?

近年の研究によると、変形性膝関節症と下肢静脈瘤は併発しやすいとされており、
膝の痛みがある方で静脈瘤を治療すると約70%の人が
膝の症状も改善したとも報告されています。

膝の痛みで内服薬やヒアルロン酸注入などの治療をしている方で効果がない方は
静脈瘤が原因の可能性があります。

当院では変形性膝関節症と下肢静脈瘤の両方の診察が可能なので
是非一度ご相談下さい。

※Turk J Phys Med Rehab 2020;66(1):40-46

さまざまなスポーツ選手にも
ご来院頂いております

  • 矢野良子 選手(アテネオリンピック代表)矢野良子 選手(アテネオリンピック代表)
  • 近内郁美 選手(山梨クイーンビーズ)近内郁美 選手(山梨クイーンビーズ)
  • 椎名雄大 選手(東京エクセレンス)椎名雄大 選手(東京エクセレンス)
  • 長尾健司 選手(東京エクセレンス)長尾健司 選手(東京エクセレンス)
  • 角田伸弥 選手(オービックシーガルズ)角田伸弥 選手(オービックシーガルズ)

医療法人社団康静会グループ は
厚労省第二種再生医療等提供計画番号を
取得しています

再生医療等安全性確保法(自由診療・臨床研究の枠組みで再生医療を行うための法律)のもと、特定認定委員会の厳しい審査を通過し、治療提供計画が厚生労働省に受理された医療機関だけが、再生医療を提供することができます。
医療法人社団康静会グループの自己多血小板血漿の膝関節内注射に関する第二種再生医療等提供計画も、厚生労働省に受理されており、計画番号(PB3200005)を取得しています。

当院のPRP関節注射のポイント

  • icon icon
    高濃度PRPによる効果の長期間持続 高濃度のPRPを使用することにより、長期的なひざの除痛効果が期待できます。
  • icon icon
    高い安全性 PRP関節注射はご自身の血液を利用するため、アレルギー反応や拒否反応などのリスクが少なく安心です。
  • icon icon
    受診当日に外来で治療可能 採血やPRP作製、注射もすべて同日に行うことが可能なので、お忙しい方でも治療を受けていただきやすい治療スケジュールです。
  • icon icon
    手術・入院が不要 採血と注射だけなので、手術や入院は不要です。低侵襲ということから、ブランクを避けたいプロのスポーツ選手も受けています。

今までの治療との違い

新しいひざ関節症治療の選択肢

新しいひざ関節症治療の選択肢

新しいひざ関節症治療の選択肢

これまでは、変形性ひざ関節症を治すのに、「体操をする」「痛み止めを飲む」「湿布を貼る」「ヒアルロン酸注射をする」などで効果がなければ、骨切りや人工関節を入れるような手術を受けるしかありませんでした。そこに第3の選択肢として新たに加わったのが「PRP関節注射」です。

受けるのが早ければ早いほど進行を遅らせることができ、「もう手術しか治療法がない」といった患者様の症状も、注射だけで改善が期待できます。

PRP関節注射 ヒアルロン酸注射
適応期
適応期 初期から中期にかけて高い効果が期待できる 初期に高い効果が期待できる
作用
作用 炎症を抑え、組織を修復する 軟骨を保護し、関節の動きを滑らかにする
治療回数
治療回数 1〜3回(効果を見ながら、必要があれば2・3回目を検討する) 初めは1週間おきに3〜5回(その後は効果に応じて、2〜4週間おきに1回)
即効性
即効性 個人差はあるものの、早ければ2週間〜
1カ月程度
で痛みが改善する
初期であれば即効性が高く、
治療直後から痛みが和らぐことも
副作用
副作用
  • 注射後の痛みはほぼなし
  • 注射の回数が少ないので、感染症のリスクはほぼなし
  • 一時的に腫れや痛みが生じる
  • 注射をくり返すことで感染症のリスクが上がる
メリット
メリット
  • 痛みの元である炎症が治る
  • 組織が修復する
  • 保険適応なので、費用が手頃
デメリット
デメリット
  • 自費診療なので、費用が保険診療よりも高額
  • 効果が一時的
  • 初期でないと効果を感じにくい

治療の流れ

1. 診察

1. 診察

ひざの痛みが「どんなとき」に「どの程度の強さで起きているのか」をうかがい、患者様のひざの状態を把握します。また、PRP注射の適応であるかを判断します。

2. 採血(2〜3分程度)

2. 採血(2〜3分程度)

PRPを作製するための血液を採取します。

3. PRP作製(20分程度)

3. PRP作製(20分程度)

採取した血液を遠心分離器にかけてPRPを抽出します。

4. PRP注射(10分程度)

4. PRP注射(10分程度)

ひざにPRPを注射します。

5. ご帰宅

5. ご帰宅

注射だけなので入院の必要はなく、日帰りで受けていただけます。

費用(税込)

診察料 2,000
レントゲン読影料(持参された場合のみ) 1,000
PRP関節注射 片膝 1回 29,800
2回 56,600
3回 79,800
両膝 1回 54,800
2回 98,000
3回 147,000
PRP+PRP-FD関節注射
(PRPは受診当日、PRP-FDは1週間後以降に注射)
片膝 112,000
両膝 194,000
ヒアルロン酸注射 片膝 2,800
関節穿刺 片膝 2,500

※2,3回コースでは初回にまとめて採血を行います。
※両膝3回コースは、採血量が多くなるため、体格やご年齢などによって承れない場合がございます。
※保存期間は半年となります。

<画像診断について>
PRP関節注射は、変形性膝関節症の方のみを対象としており、診断にはレントゲン画像が最も有効となります。
そのため、他院で撮影された画像はレントゲンのみお持ち頂くよう、お願い致します。

よくある質問

1回で効果ありますか?
1回で効果がでる方から、3回目で効果を実感して頂ける方もいらっしゃいます。当院では、毎回医師と相談の上、注射を行うかどうかをお決め頂けます。
複数回の注射を行う場合は、どれくらいあければいいですか?
注射の間隔は3~4週間あけて頂いております。
効果はどれくらい持続しますか?
1~3回の治療で、半年程度の効果が期待できます。
どれくらいの頻度で行えばいいですか?
目安は半年に1回ですが、ご自分の血液による治療ですので、効果が落ちてきたとお感じになったら、いつでも受けて頂くことが可能です。
必ず効果がでますか?
当院のPRP治療では効果がある方は60~70%となります。残念ながら効果を実感して頂けない場合があることをご理解頂いた上で、治療をご検討ください。
効果がでにくい人はいますか?
膝の変形が重度の方や重度の肥満の方、膠原病(関節リウマチなど)におかかりの方については効果が落ちる傾向(50%程度)があります。
他院に比べてなぜ安いのですか?
当院ではPRPの作製を外部業やに委託せず、クリニック内で厳格な滅菌操作の下、作製しております。その分、大幅なコストダウンを実現し、費用にも反映させて頂いております。
痛みはありますか?
膝の注射ですので、採血と同じ程度の痛みがあります。ヒアルロン酸注射をされたことがある方は、同じ程度とお考えください。
注射の後にしてはいけないことはありますか?
注射の後でも、特に日常生活に制限はございません。お風呂も当日から入って頂けます。

PRP注射をご検討中の患者様へ

PRP注射をご検討中の患者様へ PRP注射をご検討中の患者様へ

変形性ひざ関節症の治療法として、これまではヒアルロン酸注射で効果がなかった場合、手術という選択肢しかありませんでした。しかし多くの方にとって、手術は大きな決心のいる人生の一大事。侵襲、入院、リハビリなどの不安から、決断できなかった方も多いはずです。

そんな中、選択肢として新たに加わった「PRP関節注射」は、保険適用外となるので、費用のご負担は否めません。しかしご自身の血液を使って、注射だけで手軽に治せるのは大きなメリットです。ひざの痛みから解放されれば、いろいろな場所に出かける機会が増え、大好きなスポーツも再開することができて、人生の質が向上するのではないでしょうか。

私たちは患者様の気持ちに寄り添い、「人生の幸せ」に少しでも貢献できたらと願っています。少しでもご検討中の方がいらっしゃいましたら、受ける受けないに関わらず、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ