そのつらい肩の痛みにPRP肩関節注射 五十肩やスポーツによる肩の痛みを注射で治療 そのつらい肩の痛みにPRP肩関節注射 五十肩やスポーツによる肩の痛みを注射で治療

肩のこんなお悩みは
ありませんか?

  • 腕をあげると肩が痛む 腕をあげると肩が痛む

    腕をあげると
    肩が痛む

  • 背中に手が回らない 背中に手が回らない

    背中に
    手が回らない

  • 肩が痛くて眠れない 肩が痛くて眠れない

    肩が痛くて
    眠れない

つらい肩の痛みの原因

50代を中心とした中年以降から肩の痛みを訴える人が急増します。肩の痛みの原因は、肩関節の周囲に炎症がおこる関節炎(四十肩・五十肩)か、変形性肩関節症の原因の一つでもある肩関節の構造の損傷(腱板断裂)がほとんどです。

  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩 (肩関節周囲炎)

    四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)とは肩の関節が痛んで、関節の動きが悪くなる状態です。中年以降、特に50歳代に多くみられます。加齢により、肩の関節を作っている骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることが主な原因だといわれています。

  • 腱板断裂

    腱板断裂

    腱板断裂

    腱板断裂は、肩甲骨と腕の骨をつなぐ腱が切れてしまう状態です。 仕事やスポーツによる肩の酷使や加齢による腱板の衰えが断裂の要因と考えられています。放置しておくと損傷・断裂の範囲が徐々に広がって痛みがいつまでも続くことがあります。

肩の痛みには
PRP肩関節注射がおすすめです

肩を動かさないでいると関節が固くなり、治療が長期化する可能性があります。かといって無理して肩を動かすとかえって痛みが悪化することも多く、治療をどう進めるべきかは状態を見て判断する必要があります。早くよくなるためには、早めにご受診頂き、適切な治療をお受けいただくことが最も大事です。当院ではご自分の血液を利用した再生医療「PRP肩関節注射」 をおすすめしております。

PRP関節注射とは?

PRPとは、多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)の略語で、血小板を多く含んだ血液を意味します。ケガをしたときに血が止まり、自然と傷がふさがって治るのは、実は血小板の働き。血小板には、傷んだ組織を修復する「成長因子」が多く含まれているのです。

PRP肩関節注射は、そんな血小板の働きを利用して、体が本来持つ修復力をサポートする治療です。患者様ご自身の血液から多血小板血漿だけを取り出し、肩に注射するだけという手軽さなのに、痛みを抑えるだけでなく、変形性肩関節症の進行を遅らせることができます。また、ご自身の血液を使うため、拒絶反応やアレルギー反応などのリスクが少ないことも安心です。

  • 従来の治療 従来の治療
  • 当院の治療 当院の治療

PRP肩関節注射が
痛みや病状の進行を遅らせる理由

PRP肩関節注射で投与する血小板には、さまざまな成長因子が含まれています。この成長因子が関節内や周辺の組織、関節液に働きかけることで、損傷した組織の修復が促され、「痛みの軽減」や「進行の予防」が期待できます。

PRPの働き

  • 1 抗炎症作用 血小板には、炎症を抑える働きなどを持つ成長因子が含まれています。
  • 2 修復促進 血小板に含まれる成長因子は、自己修復に必要な細胞増殖を促進します。
  • 3 変形の進行予防 血小板に含まれる成長因子には、関節軟骨破壊を誘発する「サイトカイン」を軽減させる作用があります。

PRPに含まれる成長因子

PRPに含まれる成長因子 PRPに含まれる成長因子

濃縮技術が世界に認められた
当院のPRP肩関節注射

濃縮技術が世界に認められた当院のPRP肩関節注射

医療先進国アメリカで特許取得
  • Tissue Engineering Part A Part A. 2012 Jan;18(1-2):157-66
    Tissue Engineering Part A Part A.
    2012 Jan;18(1-2):157-66.
  • 米国特許(US9040070B2)
    米国特許(US9040070B2)

当院の岡本慎一理事長は2010年より、PRPの研究を重ねてきました。その研究において、通常は血液の2〜3倍程度の濃縮が限界と言われているPRPを最大10倍まで濃縮することに成功。
その研究結果を発表した2011年、整形外科基礎学会『Orthopaedic Research Society』(アメリカ、ニューオリンズで開催)では、ニューインベスティゲーターアワードのファイナリストに選出された他、2012年には組織再生工学の国際的ジャーナル「Tissue Engineering」でPRP治療に関する論文が紹介されました。さらに2012年にはアメリカにおいて、PRP治療の特許を取得しました。

当院のPRP肩関節注射のポイント

  • 高濃度PRPによる効果の長期間持続

    高濃度PRPによる効果の長期間持続

    血小板に含まれる高濃度の成長因子の働きで肩の自己修復機能を活性化。長期的な肩の除痛効果が期待できます。

  • 高い安全性

    高い安全性

    PRP肩関節注射はご自身の血液を利用するため、アレルギー反応や拒否反応などのリスクが少なく安心です。

  • 手術・入院が不要の低負担治療

    手術・入院が不要の低負担治療

    採血と注射だけなので、手術や入院は不要です。抵侵襲ということから、ブランクを避けたいプロのスポーツ選手も受けています。

さまざまなスポーツ選手にも
ご来院頂いております。

  • 矢野良子 選手(アテネオリンピック代表)矢野良子 選手(アテネオリンピック代表)
  • 近内郁美 選手(山梨クイーンビーズ)近内郁美 選手(山梨クイーンビーズ)
  • 椎名雄大 選手(東京エクセレンス)椎名雄大 選手(東京エクセレンス)
  • 長尾健司 選手(東京エクセレンス)長尾健司 選手(東京エクセレンス)
  • 角田伸弥 選手(オービックシーガルズ)角田伸弥 選手(オービックシーガルズ)

医療法人社団康静会グループ は
厚労省第二種再生医療等提供計画番号を取得しています

医療法人社団康静会グループ は厚労省第二種再生医療等提供計画番号を取得しています

再生医療等安全性確保法(自由診療・臨床研究の枠組みで再生医療を行うための法律)のもと、特定認定委員会の厳しい審査を通過し、治療提供計画が厚生労働省に受理された医療機関だけが、再生医療を提供することができます。医療法人社団康静会グループの自己多血小板血漿の膝関節内注射に関する第二種再生医療等提供計画も、厚生労働省に受理されており、計画番号(PB3200005)を取得しています。

今までの治療との違い

新しい肩関節症治療の選択肢

新しい肩関節症治療の選択肢

新しい肩関節症治療の選択肢

これまでは肩の痛みを治すのに、「運動をする」「痛み止めを飲む」「湿布を貼る」「ヒアルロン酸注射をする」などで効果がなければ、手術を受けるしかありませんでした。そこに第3の選択肢として新たに加わったのが「PRP肩関節注射」です。
受けるのが早ければ早いほど進行を遅らせることができ、「もう手術しか治療法がない」といった患者様の症状も、PRP肩関節注射だけで改善が期待できます。

PRP関節注射 ヒアルロン酸注射
適応期
適応期 初期から中期にかけて高い効果が期待できる 初期に高い効果が期待できる
作用
作用 炎症を抑え、組織を修復する 軟骨を保護し、関節の動きを滑らかにする
治療回数
治療回数 1〜3回(効果を見ながら、必要があれば2・3回目を検討する) 初めは1週間おきに3〜5回(その後は効果に応じて、2〜4週間おきに1回)
即効性
即効性 個人差はあるものの、早ければ2週間〜
1カ月程度
で痛みが改善する
初期であれば即効性が高く、
治療直後から痛みが和らぐことも
副作用
副作用
  • 注射後の痛みはほぼなし
  • 注射の回数が少ないので、感染症のリスクはほぼなし
  • 一時的に腫れや痛みが生じる
  • 注射をくり返すことで感染症のリスクが上がる
メリット
メリット
  • 痛みの元である炎症が治る
  • 組織が修復する
  • 保険適応なので、費用が手頃
デメリット
デメリット
  • 自費診療なので、費用が保険診療よりも高額
  • 効果が一時的
  • 初期でないと効果を感じにくい

さらに痛みを取り除きたい方は
PRP-FD肩関節注射が
おすすめです

PRP-FD(PFC-FD)注射はPRPから成長因子のみを抽出し、凍結乾燥(Freeze Dry)することで、さらに高濃度化しておりますので自己治癒力を高める成長因子がPRP注射の2倍以上含まれています。
PRP注射は、採血当日にPRP作製から注入まで行うのに比べて、PRP-FD(PFC-FD)注射は、採血後、一旦血小板に含まれる成長因子だけを抽出、無細胞化した上でフリーズドライ加工する点で、作製には約1週間かかります。

PRP-FD(PFC-FD)注射は、鎮痛作用や炎症抑制作用、組織修復作用がPRP注射よりも高いことが最大の特徴です。

治療の流れ

1. 診察

1. 診察

肩の痛みが「どんなとき」に「どの程度の強さで起きているのか」をうかがい、患者様の肩の状態を把握します。また、PRP注射の適応であるかを判断します。

2. 採血(2〜3分程度)

2. 採血(2〜3分程度)

PRPを作製するための血液を採取します。

3. PRP作製(20分程度)

3. PRP作製(20分程度)

採取した血液を遠心分離器にかけてPRPを抽出します。

4. PRP注射(10分程度)

4. PRP注射(10分程度)

肩にPRPを注射します。

5. ご帰宅

5. ご帰宅

注射だけなので入院の必要はなく、日帰りで受けていただけます。

費用 (税込/自費診療)

診察料 2,000
レントゲン読影料 (持参された場合のみ) 1,000
PRP関節注射 片肩 1回 29,800
2回 56,600
3回 79,800
両肩 1回 54,800
2回 98,000
3回 147,000
PRP-FD関節注射 片肩 1回 95,000
2回 171,000
3回 218,000
両肩 1回 162,000
2回 282,000
3回 385,000

※2,3回コースでは初回にまとめて採血を行います。
※両肩3回コースは、採血量が多くなるため、体格やご年齢などによって承れない場合がございます。
※保存期間は半年となります。

画像診断について

PRP関節注射の診断にはレントゲン画像が最も有効となります。

よくある質問

1回で効果ありますか?
1回で効果がでる方から、3回目で効果を実感して頂ける方もいらっしゃいます。当院では、毎回医師と相談の上、注射を行うかどうかをお決め頂けます。
複数回の注射を行う場合は、どれくらいあければいいですか?
注射の間隔は3~4週間あけて頂いております。
効果はどれくらい持続しますか?
1~3回の治療で、半年程度の効果が期待できます。
どれくらいの頻度で行えばいいですか?
目安は半年に1回ですが、ご自分の血液による治療ですので、効果が落ちてきたとお感じになったら、いつでも受けて頂くことが可能です。
必ず効果がでますか?
当院のPRP治療では効果がある方は60~70%となります。残念ながら効果を実感して頂けない場合があることをご理解頂いた上で、治療をご検討ください。
効果がでにくい人はいますか?
膝の変形が重度の方や重度の肥満の方、膠原病(関節リウマチなど)におかかりの方については効果が落ちる傾向(50%程度)があります。
他院に比べてなぜ安いのですか?
当院ではPRPの作製を外部業やに委託せず、クリニック内で厳格な滅菌操作の下、作製しております。その分、大幅なコストダウンを実現し、費用にも反映させて頂いております。
痛みはありますか?
肩の注射ですので、採血と同じ程度の痛みがあります。ヒアルロン酸注射をされたことがある方は、同じ程度とお考えください。
注射の後にしてはいけないことはありますか?
注射の後でも、特に日常生活に制限はございません。お風呂も当日から入って頂けます。