目の下の切らないふくらみ取り 目の下の切らないふくらみ取り

ヒアルロン酸注射は、公的医療保険で認可されていることもあり、変形性膝関節症に対するスタンダードな治療として、日本では数多く施行されています。
加齢によって関節内のヒアルロン酸は徐々に減少していきます。ヒアルロン酸が減ることで膝への負担が増え、膝関節の動きも悪くなり、その結果、痛みが生じてしまうのです。ヒアルロン酸注射は、膝にヒアルロン酸を補充することで、潤滑効果によって痛みを軽減させるといった効果を期待した治療です。

目の下の切らないふくらみ取り 目の下の切らないふくらみ取り
ヒアルロン酸注射

PRP注射との違い

ヒアルロン酸は、関節内に注入したからと言って軟骨が再生することはなく、あくまで関節軟膏の滑りを良くする「潤滑油」であり、対症療法という位置づけでしかありません。
一方、PRP注射は近年、画期的な治療として注目されている再生医療のひとつです。
PRP注射は、ご自身の血液から作製した、多血小板血漿 (Platelet Rich Plasma: PRP)を直接、膝関節に注入します。PRP注射にはたくさんの自家製の成長因子が含まれており、その働きによって、抗炎症作用による痛みの軽減や損傷した組織の修復を促せることが、最大のメリットです。

PRP注射との違い PRP注射との違い

しかも、自分の血液のみを使用した治療ですので、副作用やリスクがほとんどなく、効果も半年以上継続する方もいらっしゃいます。
PRP注射は、関節軟骨を破壊するサイトカインと呼ばれるタンパク質を減少させる作用もあることから、将来的な変形予防も期待できます。さらに重要な点は、ヒアルロン酸注射で症状が改善されない方でも、PRP注射では改善される方が多いということです。
ただしPRP注射は自費診療であるため、ヒアルロン酸注射に比べると費用が高くなる傾向にあります。ですので、変形性膝関節症の初期症状はヒアルロン酸注射での治療を行い、効果の低下や持続期間が短くなってきた場合にPRP注射に切り替え、将来的な変形をなるべく遅らせることが最善の方法と考えます。

変形性膝関節症 注射治療の比較
PRP関節注射 ヒアルロン酸注射
初期から中期にかけて高い効果が期待できる 初期に高い効果が期待できる
炎症を抑え、組織を修復する 軟骨を保護し、関節の動きを滑らかにする
1〜3回(効果を見ながら、必要があれば2・3回目を検討する)
初めは1週間おきに3〜5回(その後は効果に応じて、2〜4週間おきに1回)
個人差はあるものの早ければ2週間〜
1カ月程度
で痛みが改善する
初期であれば即効性が高く、
治療直後から痛みが和らぐことも
  • 注射後の痛みはほぼなし
  • 注射の回数が少ないので、感染症のリスクはほぼなし
  • 一時的に腫れや痛みが生じる
  • 注射をくり返すことで感染症のリスクが上がる
  • 痛みの元である炎症が治る
  • 組織が修復する
  • 保険適応なので、費用が手頃
  • 自費診療なので費用が保険診療よりも高額
  • 効果が一時的
  • 初期でないと効果を感じにくい
ヒアルロン酸注射

施術の流れ

カウンセリング
1カウンセリング
カウンセリング

ひざの痛みが「どんなとき」に「どの程度の強さで起きているのか」を伺い、患者様のひざの状態を把握します。

ヒアルロン酸注射
2ヒアルロン酸注射
ヒアルロン酸注射

ひざにヒアルロン酸を注射します。

終了
3終了
終了

注射だけなので入院の必要もなく、日帰りで受けていただけます。

ヒアルロン酸注射

費用(税込)

内容 料金
ヒアルロン酸注射 
片膝(1回)
2,800円

お電話はこちらをクリック!通話無料

10:00-19:00(土曜17:00まで/水日祝 休診)

To the topページ上部へ